腱鞘炎について

手の使い過ぎが原因で起こる疾患が腱鞘炎です。手を使いすぎると、手首の関節や指に痛みが生じることがあります。手首から指先にかけて腱鞘と腱という組織があり、指を曲げたり伸ばしたりすると腱鞘の中を腱が移動します。

腱鞘と腱が擦れ合い、腱鞘と腱に炎症が起こると痛みが出てきます。安静にして手を休めていれば炎症はひきますが、そのまま使い続けると腫れがひかずに悪化することがあります。腱が引っかかってしまい、指が開かなくなる人もいます。

腱鞘炎の症状

腱鞘炎の主な症状は痛みで、症状が進むと指の付け根が痛みます。特に親指に痛みが出る人が多く、痛みが出る頻度では親指の次に薬指と中指が続きます。症状が悪化して重症になると、自力で伸ばせなくなるケースもあります。

腱鞘炎は更年期以降の女性や妊娠、出産期の女性に多くみられる疾患ですが、その理由は女性ホルモンの影響だと考えられています。人工透析を受けている人や糖尿病の人、関節リウマチを患っている人も腱鞘炎を起こしやすいです。糖尿病患者は抹消の血液が滞りやすく、炎症を起こすと治りにくい傾向があります。
 

腱鞘炎は指の使い過ぎで起こります。ピアニストが腱鞘炎になりやすいことは、昔から広く知られています。スポーツ選手でも、ボールを頻繁に握るようなスポーツをしている人は腱鞘炎になりやすいです。

日本では若い世代を中心にスマートフォンを長時間使う人が増えていますが、長時間の使用は腱鞘炎の原因になります。無理な姿勢でスマートフォンの操作を続けると筋肉に負担がかかり、手指がしびれたり肘に痛みを感じたりすることがあります。

腱鞘炎にお悩みなら当院へおまかせください

腱鞘炎でお悩みでしたら、是非いろはに整骨院・本町院へお越しください。
健康な状態であっても、腱鞘炎になる可能性があります。症状が悪化する前にぜひ一度当院へご相談ください。症状のご説明や、患者様お一人お一人に合わせた施術プランをご提案いたします。スタッフ一同、皆様のご来院を心よりお待ちしております。

診療メニュー

いろはに接骨院 本町院
いろはに接骨院 本町院
〒541-0053
大阪市中央区本町2-3-4
アソルティ本町B1
06-4705-7757
LINE@

グループ院の紹介

  • 心身整骨院・鍼灸院
  • いろはに鍼灸整骨院